果物アレルギーでりんごが食べれなくなった娘

今は大学生の娘が中学生の時のことです。いつものようにお腹をすかして部活から帰ってきて、普段どおり晩ご飯の時間がきました。その日はカレーでした。その食事後約30分ほど経ったぐらいでしょうか、突然娘が咳込みはじめて「ちょっと息苦しい…」と言って横になりました。娘では今までこんな経験がなかったのですが、弟の息子が軽い喘息体質ということもあって、家に気管支拡張剤の薬がありました。弟のお薬ではありましたが、これを使って様子をみてみると、幸い その薬が効いたのです。呼吸の症状も落ち着いたので、その日はもう時間外ということもあって、翌日に受診しました。
受診した時に、「呼吸困難起こしているのだったら、救急車でしょ!」と先生に大変おこられました。食べたカレーの話をし、カレールーに含まれている香辛料でアレルギーを起こしたのではないか、と娘にはカレーを避けるようにと言われました。
それから何ヶ月か様子をみていたら、娘が梨を食べたときにちょっと変なかんじがすると言うので、ふっとアレルギー原因は「りんご」かな?と思い、アレルギー検査を受けました。結果は、娘には「りんご、もも、びわ、梨」などの食物(果物)アレルギーがあることが判明しました。カレーを食べたあとのアレルギー反応はりんごペーストが原因だったと思います。その後、りんごペーストの含まれていない カレー ルーで作ったカレーは普通に食べることができるようになりました。
しかし、果物が大好きだった娘は、原因のはっきりしている果物は食べなくなりました。よほどあのアレルギー反応がでた時が苦しかったのだと思います。「あ~、アップルパイが食べたい!」と時々言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>