キンカンのおいしい食べ方

キンカンは、家庭の庭でも育てることのできる、比較的簡単な植物で、今年も家の庭には大量のキンカンが実をつけました。
生で食べれなくはないですが、ほろ苦くすっぱいので、たくさんは食べられません。よくやるのが甘露煮ですが、今年はジャムに挑戦してみました。
木からもいだキンカンをざっと洗って、沸騰した湯の中で少しゆでます。この行程わやらなくてもできることはできますが、汚れやアクがとれるので、やった方がおすすめです。
実が少しブヨブヨになってきたらザルにとって、触れるくらいに冷めるまでそのままにしておきます。触れるくらいに冷えたら、中の種の部分と皮の部分とを分けます。ジャムには、皮の部分だけを使います。種の部分は食べられなくもないですが、捨ててしまいます。
皮を、包丁でできるだけ細かく切り刻みます。これを鍋に入れて、水を入れて煮ます。初めはわりと強めにグツグツさせて、柔らかくなってきたら、黒砂糖(普通の白砂糖でもいいです)と、はちみつを入れて、ここからは弱火、とろ火でじっくり煮ます。焦がさないように注意して、ジャムっぽくなるまで煮詰めます。砂糖とはちみつの量は、味見をして増減してください。たくさん入れた方が保存には向いています。
煮詰まったら十分に冷やして完成。トーストにつけて食べるのはもちろんですが、一番おいしいと思うのは、プレーンヨーグルトに入れて食べるのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>